東日本大震災の後、日本各地で建物の強度基準が見直され、多くの耐震工事が行われるようになりました。
駅周辺のオフィスビルだけでなく、学校施設、病院や高速道路に至る公共施設などでは耐震工事やリフォームがいたる所で見られます。
これら耐震工事が必要とされている建物や施設は、老朽化した建物以外に、震災前の従来の耐震基準では問題ないとされていましたが、震災後に改めてその影響による被害状況を鑑みて、見直しが必要となったものです。
中でも特に課題視されるのは、企業の製造工場、事業所などに関す (さらに…)

震災以後、耐震工事や耐震リフォームの重要性が増してきました。
様々な工務店やリフォーム業者が、既存の住宅の耐震構造を強化するための施工方法を次々と開発し、安価で耐震補強を実現することができるようになっています。
このような既存の住宅の耐震構造の強化は、将来予想されている大震災などに対応するために非常に重要なものです。
しかし、耐震工事や耐震リフォームを施した住宅は、それまで使用され続け (さらに…)

    企業でも

    東日本大震災の後、日本各地で建物の強度基準が見直され、多くの耐震工事が行われるようになりました。 駅周辺のオ...

    Readmore

    価格と内容

    建物が古くなるとリフォームにより改修していく必要がありますが、様々な工法があるために費用も異なれば特性も大きく...

    Readmore

    地震に備える

    リフォームを工事おこなう時には様々な部分を変えたいでしょうがその時には耐震性という事も考える必要があります。 ...

    Readmore
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2016年6月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930